映画とえいがと映画のこと。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
レビュー作品目次
 このブログで感想を書いた映画のリストです。

これから観たい映画と最近観た映画についてのリストはこちら
続きを読む >>
posted by miyo345 | 02:01 | List | comments(0) | trackbacks(0) |
List(最近観た映画/観たい映画)
JUGEMテーマ:映画

最近観た映画と観たい映画のリスト。
観た後になんか書いたら消していきます。
続きを読む >>
posted by miyo345 | 01:59 | List | comments(0) | trackbacks(0) |
The Libertine(リバティーン)
映画ノートを見直したので、久しぶりに映画のお話でも。


ごきげんよう。
みよコです。


去年ようやくDVDで観た「リバティーン」について。
JUGEMテーマ:映画の感想


続きを読む >>
posted by miyo345 | 01:52 | ★★★☆☆ | comments(0) | trackbacks(0) |
(500)Days of Summer((500)日のサマー)
JUGEMテーマ:映画の感想
せんせいも走るしわすです。
皆さんお忙しいと思いますがいかがお過ごしですか。


ごきげんよう。
みよコです。

というわけで、とうとう年末ですね。早いものです。

今日はこの間ようやく観た「(500)日のサマー」について。

…忘れていたわけじゃないよ!ほんとだよ!(笑)

評価:
¥ 991
(2011-01-07)
コメント:運命の人?恋を信じるトムと恋なんか信じないサマーの500日。

続きを読む >>
posted by miyo345 | 01:46 | ★★★★★ | comments(0) | - |
Coffee and Cigarettes(コーヒー&シガレッツ)
 お久しぶりです。

便りがないのはよいしるし。

相変わらず元気で、よく肥えていきます。

ごきげんよう。
みよコです。


最近、サボり続けていた読書を再開しようと、ブクログを活用中です。

今まで読んで家の本棚に置きっぱなしだった本もこれを機に見直してみようかな、と。

Twitterでフォローしてくれてる人はちょっとうっとうしいかもしれないけど、タイミングが合ったときにあてくしの本棚をのぞいてくれてもいいよ!つんつんでれでれ!

この間ようやくずっと観たかった「ソラニン」を観ました。
高校生の頃、顧問の先生が「宮崎あおいの演技力は素晴らしいですよ!」と褒めちぎっていたが、よいですな。


今回は前回の記事で紹介したジム・ジャームッシュ監督の「コーヒー&シガレッツ」について。
評価:
---
¥ 1,140
コメント:煙草とコーヒー、そして会話。11本の短いストーリー。

続きを読む >>
posted by miyo345 | 16:02 | ★★☆☆☆ | comments(0) | trackbacks(0) |
Inception(インセプション)
久しぶりにキャナルシティで映画を観てきました。

ごきげんよう。
みよコです。

普段はもっぱら東宝でおじさんおばさんと映画観てるんやけどね。

最近「3Dでの上映ではございませんがよろしいですか?」とか聞かれるようになった(笑)

時代の流れ?

あと、ゼミの先生は私が映画好きと知って、ゴダールの上映会のお知らせとかくれるようになった。

嬉しい!でもバイトで全然見に行けない!(笑)

ふと最近思い出したんやけど、山下に連れってってもらった3号倉庫はもう今頃閉鎖してるんだろうか、とか思うとなんだか切ないすな。

パトロンのおじさんかっこよかったのにね。

村上さんもね。(笑)だめかわいいですね、昔から。年上やけど。

話は戻ってキャナルシティなんだけど、IMAXで「インセプション」の再映観てきた。
評価:
クリストファー・ノーラン
¥ 991
(2011-07-20)

続きを読む >>
posted by miyo345 | 02:43 | ★★★★☆ | comments(0) | - |
Little Miss Sunshine(リトル・ミス・サンシャイン)
黙々と働き、黙々と勉強しています。
大学あるときもこうだったらいいのに。

ごきげんよう、みよコです。

リトル・ミス・サンシャイン」をちょうどこの間観たので。

<ストーリー>
田舎町アリゾナに住む9歳のオリーブ。なんともブサイクでおデブちゃんな彼女が、全米美少女コンテストでひょんなことから地区代表に選ばれた。オリーブ一家は黄色のオンボロ車に乗り、決戦の地カリフォルニアを目指すことに。人生の勝ち組になることだけに没頭する父親、ニーチェに倣って信念で沈黙を貫く兄、ゲイで自殺未遂の叔父、ヘロイン吸引が原因で老人ホームを追い出された不良ジジイ、そしてバラバラ家族をまとめようと奮闘する母親。そんな落ちこぼれ家族の、奇妙でハートフルな旅が始まった……!


評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 991
(2010-06-25)

続きを読む >>
posted by miyo345 | 02:36 | ★★★★☆ | comments(0) | trackbacks(0) |
Good Bye, My Love(さらば、わが愛/覇王別姫)
JUGEMテーマ:映画の感想
さっそく映画の感想。 大昔に観て、でろでろ泣いて翌日めっちゃブサイクになったんやけど、それをこの間観直したので。 続きで「さらば、わが愛/覇王別姫」について。
続きを読む >>
posted by miyo345 | 01:53 | ★★★★☆ | comments(0) | - |
My Blueberry Nights
今日でテストも終わり、春休みや!!

ごきげんよう。
みよコです。

っていって、試験中も映画観ていましたけども┐(´∀`)┌ヤレヤレ

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」をようやく観た。

マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション [DVD]マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション [DVD]
(2008/09/12)
ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ 他

商品詳細を見る


恋人に捨てられたエリザベスは彼のことが忘れられず、彼の行きつけのカフェに乗り込む。そんな彼女を慰めてくれたのは、カフェのオーナー・ジェレミーと、甘酸っぱいブルーベリー・パイ。それからのエリザベスは、夜更けにジェレミーと売れ残りのパイをつつくのが日課になる。しかしそんなある日、彼女は突然ニューヨークから姿を消す。恋人への思いを断ち切れずにいたエリザベスは、あてのない旅へとひとり旅立ったのだった…。[ 2008年3月22日公開 ]
goo映画あらすじ

「恋する惑星」「2046」のウォン・カーウァイ監督の初・英語作。

って言っても、私は「恋する惑星」をちらっと観ただけで全然詳しくないんだけど(笑)

失恋した女の子が自分探しの旅に出る、ロードムービー。

話の筋を要約してしまうとこんな感じ。


↓以下ネタバレ有りの感想

エリザベスが変化・成長していくうえで2つのエピソードがあるわけだけど、そのエピソード同士の繋がりが薄すぎるように感じたのと、単純にエピソードの数の少なさで物足りなさを感じた。
ウォン・カーウァイってことにちょっと期待しすぎたのかもしれない。

ナタリー・ポートマンとレイチェル・ワイズが素晴らしい。
特にアルコール依存症の警察官の元妻を演じるレイチェル・ワイズの貫禄!大好き!(笑)
ノラ・ジョーンズが主役なのに完全に持っていかれてる感が拭えない。

と、文句ばかりですが(笑)、ウォン・カーウァイ作品だけあって映像はとてもきれいだし、カメラワークも好き。個人的に気に入ってるのはクリームが溶けていくブルーペリーパイの描写とカフェでの二人を撮るときの独特の閉鎖感というか、二人だけの空間が表されているところ?ちょっとうまく言えないけど
あと、音楽はライ・クーダー、映画の雰囲気と絶妙に合っていてとてもいい。


最初にちょっと書いたけど、それ以外はいいし、見て損はない映画。

時間のある夜にのんびり観るのがいいかも。

マイ・ブルーベリー・ナイツ 公式HP(PCサイト)
posted by | 20:08 | ★★★★☆ | comments(0) | trackbacks(0) |
Volver
授業行ってなさすぎて受けるテストがめちゃめちゃ少ない。

試験期間中ヒマすぎワロタ。

ごきげんよう。
みよコです。

今日は久々にこの間観た映画について。


ボルベール<帰郷>コレクターズ・エディション [DVD]ボルベール<帰郷>コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/01/01)
ヨアンナ・コバ、ロラ・ドゥエニャス 他

商品詳細を見る


失業中の夫の分まで働く気丈で美しいライムンダ。だが彼女の留守中、夫が15歳になる娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘は勢いあまって父親を殺してしまう。愛娘を守るためめ、ライムンダは必死に事件の隠蔽を図るが、その最中に「故郷の叔母が死んだ」と知らせが入る。一方、葬儀のため帰郷したライムンダの姉ソーレは、大昔に火事で死んだ姉妹の母の亡霊 が、1人暮らしだった叔母をこっそり世話していたという噂を知る。


ペドロ・アルモドバル監督による女性三部作の最終作。

といっても、私は「トーク・トゥ・ハー」しか観たことないんだけど。

「女」のために作られた「女」を描いた映画、という感じ。

ペネロペがほんとにいい。

タイトルにもなってる「volver」を歌うペネロペが素晴らしい。

全体の色彩がジャケット写真と同じ「赤」を基調にしていて鮮やか。

死んだお母さんの霊が現れた?という場面ではファンタジーなん?と観客に思わせておいての、ラストへ向かうエピソード。うまい。

ただ、一緒に観てた人は途中で寝てしまったので、人によっては冗長に感じるかも。

まあ、そこはすきずきでしょう。

この間「イングロリアス〜」もDVDで観なおしたしそろそろ感想書こうかなー…。
posted by | 21:12 | ★★★☆☆ | comments(2) | trackbacks(0) |
Search this site